アーカイブ | 5月 2016

  • HIV検査の申告の仕方と検査内容について

    HIV検査とは、HIVウィルスに感染していないかということを検査するものです。HIVウィルスはエイズという病気の原因ウィルスとなるものです。これは、人の血液などを介して感染するもので、発症するまでに時間がかかる病気でもあります。故になるべく早く発見して治療することが必要になるでしょう。この検査の申告はネットから簡単に申告ができます。検査がおかなわれる場所は大体、保健所などの施設では無料で診断を行ってくれるところもあります。検査内容は血液検査と書類に気になる症状などを書き込むことです。何かしら引っかかるものがあるから、大体の人はHIVの検査に来ます。ここでは正直に気になることを記入しておくと正しい検査結果が出るのではないでしょうか。この検査結果は後日、また聞きに行くことになります。その際に、院生が出たら安心して大丈夫ですが、陽性の場合にはすぐに専門の病院へ相談しに行くようにしましょう。どんな病気にも当てはまりますが早期発見することが、回復を早くしてくれることにも繋がります。この検査は関東を中心として多くの都道府県の保健所が検査を行っています。検査日はそれぞれの保健所で異なるので、確認してから行くといいでしょう。また、中には予約を受け付けて検査をしているところもあります。そういったところは大体検査に来る人が多いから予約制にしています。なので、あらかじめホームページなどで、確認をする際に予約などのページがないかも確認すると、いいかもしれません。こういった場所では、検査に来た人の体調を把握するために、いつもどんな生活を送っているのかも聞かれます。もし相談に行こうと考えている人がいたら、毎日の生活記録のようなものをちゃんとつけておくことをおすすめします。